年功序列しない

年上だけど理屈で話しても文句を言って謝らせる人ってのがとても多いですねえ。

ちと、立て続けにおきたもので。もともと年功序列主義ではありません。親が反面教師でしたから。

中学も高校も、先輩だからと敬いへりくだることもなし。もちろん自分が先輩の立場になっても同じこと。こんなんで上下関係築いていくのはおかしい。ということで自分らが3年のときは、後輩を敬うことでおたがいにリラックスできる関係ができたものです。今はわかりませんが。

子供の頃の正論が受け入れられなかったので、子供の意見も真面目にききます。なにせ人間なんて年をとれば変わるものでもない、人格者になっていくものでもない。二十歳をむかえて、もう二十歳かー中身は子供のままだなーなんて話をよく聞きますが。自分が子供の頃から大人なんてそんなもんだろうと思ってましたよ。

とにかく、年上だから人格者なんてことはないし、批判で成功体験積んでる人はいくつになってもその成功体験を繰り返す。批判、お客様だぞというマウント、皮肉、すり替え、例え話などなど。

自分は日頃からそういうタイプは放置してます。そっちで経験値積むなら好きにどうぞ、と。間違った自信を身に着けて、頭のいい僕ちゃんアピってください、と。

しかし今日はダブルできましたからねえ。やっぱり年上だからどうとかってのはないわ。

年下の人のほうが尊敬できるポイントも多い気がしますねえ。例外はたくさんありますけどね。ひとまとめにしてはいけませんな、ハイ。

広告を非表示にする