カラダも離れられない

金曜日、男性と会いました。

彼に、私がいつも不安に感じる気持ち、

苦しい気持ち、

恋人は今、どこでどんな異性と、

何をして過ごしているのか?

を味合わせる為に

こんな犬も食わないような事に付き合ってくれたのは、頼れる男友達。

困った時に相談のできる、優しい人で、アドバイスも的確!

友達は、やはり同じ男として彼は自分に甘い所が多く、将来泣かされるよって

別れちゃいなっていつも言います。

それ、きっと正しいと思う

明日、男性とお酒飲んでくるね

彼には前日にメールで伝えました。

それに対する返事はありませんでした。

帰る時間になり、彼にメールしました

今までについた嘘を全部教えてくれと

まーあるわあるわ

嘘に

裏切り

もう今日は家に帰らないから

と私

手前で電車を降りました

あなたは今、どこで、誰と何しているの

君が普段感じている不安な気持ち

初めて分かった、苦しいよ

あなたは今、どこで、誰と何しているの

セックスしているの?

一晩中彼からメールが入り続けました。

ジェラシー

感じてくれた?

あの、得体の知れない胸のざわつきを

もちろん、彼を裏切りはしません。

彼を愛しているから。

ただ、ただ、

不安な気持ちを味合わせる為に

彼は終電のなくなるまで、

私の最寄り駅の入口で

私を待っていたそうです。

そして、それでも彼から離れられない自分がいました

これから不安な気持ちにさせないように

きちんとしていくからと、彼。

心もカラダも彼を求めています

カラダが彼を求めています

最近、彼と会ってなかったから、

カラダが、全身が、

熱くなっているのが分かりました

付き合って2年半で初めて、

メールでな会話をしました

たくさん濡れて

彼が欲しくなりました

今すぐ来て

トウコ、したい

あそこ、ぱんぱんだから

下着を何も付けずにワンピースを着ました

車を走らせて彼の家に行きました

ドアを開けると

会わない間に痩せた彼

彼は私に激しいキス

羽織っただけのワンピースは

簡単に脱がされ

あそこはもう既に濡れてる

今までで一番感じて

一番喘ぎました

激しくて

ものすごく濡れて

途中、彼を愛しすぎている自分がいること

濡れながら

涙が溢れる

ダメですね、

カラダも彼と離れられないと

訴えています

愛に溺れています

また彼を許してしまいました

また、あの不安な気持ちと

コンニチワ

しなければなりません